坂上忍が飲酒運転で事故?同乗していた女優はおきざりに・・・

お昼のバイキングで辛口司会者として、活躍中の坂上忍さんですが、飲酒運転で事故を起こした?との噂があり、しかも同乗の女性をおきざりにしたとか・・・。本当に坂上忍さんが飲酒運転で事故をおこし、同乗女性をおきざりにしたのかを調べてみました。

[add1]

坂上忍さんの過去と現在

今をときめく坂上忍さん。2000年台はテレビではメジャーな仕事が入っていませんでしたが、近年、話題を集めて、お昼の「バイキング」も絶好調。「バイキング」は、タモリさんの「笑っていいとも」の後続のお昼の看板番組として人気があります。

でも、中には、アンチ・坂上忍さんがいるのも事実です。皆さんは「何で、佐上忍さんがお昼の顔番組に?」と疑問に思うでしょう。でも、実は、「笑っていいとも」の司会、タモリさんも、「笑っていいとも」の番組開始当時は「お昼からサングラスをかけた人間を起用するのはどうか」というバッシングの声もあったんです。

バイキングの前身ともいえる「笑っていいとも」は当初、一週間で終了予定でしたが、あまりにも反響が大きく、その後、信じられない長寿番組に発展しました。そして、惜しまれながら終了しました。

以上のような経緯から、坂上忍さんも多少のバッシングは「洗礼」のようなもので、バッシングを受けて成長していくんだと思います。

坂上忍さんの過去は、ご存じの方も多いと思いますが、子役として80年代を代表する子役だったんです。その後、レコードも発売し、期待の新人とされていました。しかし、スタッフが「君(坂上忍さん)には聖子ちゃん並みのお金を出して宣伝してるんだから頑張ってね」と言われ、それに反感を感じたと、坂上忍さんは最近話されていました。

損得だけで生き抜かなくてはならないタレントさん。噂に振り回され、イメージを落としてしまうタレントさんも多い中、坂上忍さんも、「バイキング」に起用されてから、色々暴露されがちになっています。今回は、そんな坂上忍さんのあらゆる噂を集めてみたいと思います。

坂上忍が飲酒運転で逮捕?

これはどうも真実のようですね。ただし、1995年1月のことです。20年以上前ですね。泥酔しながらも車を運転していた坂上さんが電柱にぶつかり、最終的には警察のお世話に・・・。その後芸能界で活躍するなんてどんでもない。なんて声も聞かれます。

しかし、私からすれば、かなり多くの芸能人の方、車で事故をして逃走した人は少なくありません。そして、事務所が有名なら、謝罪会見と短期の謹慎のみで、その後、車の事故の経歴がなかったかのように順調に仕事をしている人も多いです。

坂上忍さんだけにバッシングが行くのはフェアじゃないと思います。芸能界って、それだけねたまれ、過去の過ちが許されないものなんだなぁとつくづく思います。

事故当時、坂上さんご自身、相当反省され、芸能界ではもう生きられないと追い詰められたことでしょう。お酒が入ると人間、理性を失います。まず、自分が生きる道を優先し、逃亡しちゃった芸能人は、坂上忍さんだけではありません。

有名になった途端、過去までほじくりかえされちゃ、たまったもんじゃないですよね。いくら毒舌でも、家に帰れば普通の人かもしれません。それなりに過去の事故については、反省していると思います。

[add2]

坂上忍が飲酒運転事故でバレた彼女は女優?

私はこれも、真実性の薄い噂であり、本当であるかどうかは、素人の私たちに解るはずありません。今回は坂上忍さんのみに焦点を当てているので、女優さんの名前は伏せたいと思います。ま、調べればわかっちゃいますけどね。

でも、これは坂上さんだけの問題でなく、その女優さんの名誉にも関わる事ですし、ここで安易に書くには無責任のような気もするからです。しかも二人の間でどういう会話が成り立ったのかも、当人同士でしか解りません。

良心的な会話のうえで、そうなったのか。もしくは、お酒が入って気が大きくなってしまったのかすらも解りません。マスコミは面白いことしか書きませんから。記事が売れなきゃ、週刊誌ネタにもなりません。

それで、損実が拡張されて世間に出回ってしまう・・・。被害者は拡張ネタに起用されたタレントさん。週刊誌のに書かれていることが一から十まで真実だと思い込む読書。世間って恐ろしいもんです。

坂上忍の飲酒運転事故が吉澤ひとみにもらい事故?


最近吉澤ひとみさんへのバッシングも相当なものです。吉澤ひとみさんは人身事故を起こし、逮捕されました。これに対し坂上忍さんが、バイキングでどのように情報発信するのかが話題になっています。

しかし、常に社会と向き合う芸能人として、そしてその芸能生活を奪われれば、明日は地獄という恐怖を背負っているタレントさんたち。今は元気な振りをしていても、フラッシュバックのようにあまたの中では苦しみ、もがいているかもしれません。

「過去に自分も同じ過ちをした・・・」。その反省は坂上さんの脳裏を横切っているはずです。世間が言うように、簡単に忘れられるものではありません。なんせ、生活がかかっているのですから。芸能人でなくとそうでしょう。

飲酒運転に対し、非常に厳しい時代、サラリーマンでも飲酒運転で逮捕となると、家族のこと、将来のことを不安に思うでしょう。わたしの知り合いの医師も「逃げました」から。芸能人でなくても、交通事故に関しては一生忘れられない恐ろしい過去の現実だと思います。

吉澤ひとみさん。有名なだけに、おぞましいバッシングを受けていますよね。それにつられ、今の時代、ツイッターなんてのも流行しています。そうなんですよね、ツイッターで儲けている、言ってみれば「素人芸能記者」みたいな存在は見逃せません。

ツイッターで情報発信する方は、自分の記事を読んでもらうために必死になるでしょう。でも、これって、汚い話だと思います。見てもない、現場にもいなかった、しかも週刊誌ネタを拡張させて、あたかも真実であるかのようにツイッターで情報発信する方が、わたしは悪質だと思います。

交通違反、それは決して許されるものではなりません。しかし、それは芸能人でなくとも誰もが起こしている事故。坂上忍さんの過去の事故、吉澤ひとみさんの事故も、私は弁護するつもりはありません。

しかし、芸能人だからという理由で、ほじくりかえしたり、もらい事故という呼称はちょっと違うかなと思うのです。一般人なら、坂上さんが起こした1995年の交通事故の話など、時効になっているでしょう。

それに、1995年当時、坂上さんの事故は今ほど話題になりませんでした。でも、有名になったが故、昔のことをほじくりかえし、さらに吉澤ひとみさんと関連付けるのは世間が間違っているように感じます。

[add2]

坂上忍の威圧的、何様?態度に嫌いな人が増えてる?


好き嫌いは誰でもあるでしょう。さらに相手が芸能人となると、見た目、昔の印象、自分の願望(例えば、こういうタレントさんはにこうあって欲しい)が強くなる傾向にあります。

坂上さんの子役時代を知る大人は、今は子どもを持ち、家庭を持っている人たち。その人たちから見たら、昔の印象というものに独占され、自らの中の「坂上忍さん像の願望」が自然発生してもおかしくありません。確かに、わたしから見ても、昔とはちょっと違う坂上忍さん像ですから。

でも、それって当たり前なのではないでしょうか。人間、一生同じ主観を持ち続けているでしょうか?色んな経験を重ね、失敗、成功も含めて、人間が代わっていくのはごく自然なことです。

例えば、可愛い顔をしておとなしそう、勉強も出来そうな子どもが実は威圧的だったとします。対し、見た目も普段の素行も威圧的な子どもがいるとしましょう。損な立場に置かれるのは、実は、前者の「可愛い顔、おとなしそう、勉強も出来そうな子」なのです。

ギャップというものですかね。自分の思っていた他人像と違えば、ギャップは膨張されます。坂上さんにしても、視聴者としてのギャップがあるのかもしれません。

でも、わたしは今の坂上さんでいいと思うのです。ありのままの彼を受け止め、好感を持つ人も多いはず。でも、不利な情報が優先化してしまうが故の、視聴者の勝手な決めつけ、押し付け願望から、威圧的に見えたりするのでしょう。

坂上忍が付き合った女優とED告白!

EDという言葉、ご存知ですか?ジェンダーという言葉も知らない日本人、知らない人も多いかもしれません。ちょっと書くのも躊躇するのですが、男性性器が元気にならないという意味です。

坂上さんの場合、テリー伊藤さんとの対談でおっしゃっているので、これは本当なのかもしれません。ただ、笑い話で言ったことかもしれませんし、わたしが「坂上忍さんはED」と決めつけるのもダメなのですが。でも芸能生活が長い坂上さん。

人には言えないストレスもあるでしょう。それに、坂上さんがEDであろうと、視聴者を楽しませてくれる、盛り上げてくれるという側面だけ見てれば、あとは本人の問題。本人が気にしてなければあとは静かにしておいてあげたいというのが私の意見です。

坂上忍が、なんで売れてるのと思う芸能人!

坂上忍さんが何で売れているの?と思う芸能人。この坂上さんの意見も、一人の人間として思う事もあるのでしょう。バイキングではキャラクター上、ディレクター指示というのもあるのかもしれません。

この辺は、「笑っていいとも」の後続番組として、ディレクターも黙ってはいないでしょう。しかし、容認されているということは、坂上さんのキャラクターをそのまま活かしたいと思うが故の結論かもしれません。逆に、坂上さんに期待する部分も番組的には大きいようにも感じられます。

[add2]

坂上忍の共演NG女優はだれ?

色々あるようですね、坂上忍さんが共演NGな女優さん。でも、これって他のタレントさんにも言える事なんです。例えば、ある有名男性俳優さん、元アイドルグループの方と共演する際、「アイドルには解らないだろうけどね。」なんて言って、その、元アイドルグループのタレントさんが激怒したという記事がありました。

ま、これは記事でしかないので、信ぴょう性に欠けるものですが。しかし、作品というもの、相性は必要かなと感じます。嘘でも週刊誌が「●●と○○は仲が悪くて」と書くと、ドラマを見るのも辛いです。ドラマ上はすごく仲が良いのにと思い込んでしまいます。でも、真実は解らないですよね。私はそう思って、ドラマやテレビを観ています。

[add2]

まとめ

今回は坂上忍さんについて書きました。かなり横暴なイメージを持たれている彼、さらにツイッターなどというものが流行っているこのご時世、素人でも嘘の記事を書く時代になってきてしまっています。確かにアンチ・坂上忍さんがいるのは当たり前でしょう。そしてそれは、坂上忍さんに限ったことではなく、他のタレントさんにも言える事です。

私が常日頃から悲しいと思うのは、素人や週刊誌がありもしない噂でタレントさんたちをテレビから追放してしまう現実が十年前より多くなっています。インターネットの普及の皮肉な部分です。でも、考えてみてください。

それは人が不幸になるのを望むのと同じ。タレントさんの人生を狂わせてまでも、嘘を書く必要があるのでしょうか?タレントとして職業が無くなり、無職に追い込んでいいのでしょうか?そしてそれを楽しんでしまう世間って何なのでしょう。

私はどんなタレントさんでも応援したいです。嫌いなら、見なければいいのです。タレントと言う職業、悲しいかな視聴者に左右され、マスコミに左右され、ストレスもテレビで表現することを許されず、明るく、キャラクター通りに進めなくてはいけない。私はそれをしてくれているタレントさんたちは素晴らしいと思います。今後も坂上忍さんに期待したいと思っています。

坂上忍さんの関連記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする