徳重聡のタトゥーと事故の真相は? 下町ロケット軽部役で出演!

この秋の話題作『下町ロケット』に軽部役で出演の徳重聡さん。タトゥーを入れてるとか事故を起こしたとかの噂がありますが本当なのでしょうか?徳重聡のタトゥーと事故の真相を調べてみました。

[add1]

徳重聡さんってどんな人

この秋の改編によって一斉にスタートした2018年の秋ドラマ、今回もどんな名作や話題作が登場するのか興味津々です。そんな秋ドラマに出演する俳優さんの中で気になる俳優さんがいます。それが、今回フューチャーする徳重聡さんです。

徳重聡さんといえば、昭和の大スターとしてお馴染みの「石原裕次郎」さんの石原プロモーションに所属するイケメン俳優ですね。

デビューのきっかけは、2000年8月7日に行われた「オロナミンC『1億人の心をつかむ男』新人発掘オーディション~21世紀の石原裕次郎を探せ!~」でグランプリを獲得し華々しいデビューを飾りました。

どことなく男らしい、昭和の雰囲気漂う顔つきで、石原裕次郎さんにも、似ている感じがしますね。そんな徳重聡さんですが、ネットなどで検索すると、「事故」や「刺青(タトゥー)」というような、気になるキーワードが出てきます。

とっても気になる危険な感じのするキーワードですが、いったいこれは、何を意味するのではないでしょうか?徳重聡さんと、どのような関係があるのでしょうか?

何かと気になる点が多い徳重聡さんですが、その噂の検証を行うと共に、徳重聡さんのこれまでのキャリアやプライベート、現在の近況について徹底調査してみました。

徳重聡が起こした事故って?

徳重聡さんとネットで検索すると「事故」というキーワードが出てきますが、この事故の真相とは、いったい何なのでしょうか?

それは「西部警察2003」のロケで起きた事故のことを指します。「西部警察」といえば、今ではほとんど見られなくなった派手なカースタントやアクションなどがかなり盛り込まれた、石原プロモーションの代表作ともいえる刑事ドラマでした。

かつての昭和の頃には、記憶にも残る有名なドラマとしてドラマ史に名を刻んだ名作です。
そんな昭和の名作ドラマが時を経てスペシャルドラマとして復活。そのドラマロケにて事故は発生しました。

カースタントでの車でのロケ中に、車が暴走してなんと観覧していたギャラリーに突っ込んでしまったのです。この事故により男女5人が重軽傷を負う大事故となってしまったのです。

その結果「西部警察2003」の放映は中止、そして当時の石原プロモーションの社長であった俳優の渡哲也さんが、謝罪会見を開くなど大騒動となっていました。

当時、売り出し中であった徳重聡さんも、このドラマと事故に連動する形で、ネットなどにこのキーワードが浮上するようになったというわけです。

問題となった車を実際に運転していたのは、徳重聡さん本人ではなく、同じく石原プロモーションに所属する当時、若手俳優であった池田学さんなんです。

[add2]

【徳重聡のタトゥー入れ墨の真相は? 】

次に徳重聡さんで、浮上するキーワードとして「刺青(タトゥー)」があります。何やらこちらのキーワードも物騒な雰囲気が漂います。タトゥー?えっ?ってなりますね。

最近では、世界的サッカー選手がファッションとして全身にタトゥーをいれている姿がよく見られますが、日本ではタトゥーについては、まだまだ影響が様々なところにありますよね。

いったい、徳重聡さんの体には、タトゥーは在るのでしょうか?

さすがにタトゥーがはいっていれば、俳優さんとしては、様々なところで支障をきたすと思うのですが、、。

そんなわけで、タトゥーの事実について調べてみましたが、徳重聡さんにタトゥーが入っているとされる正確な情報や画像なども一切みつかりませんでした。

つまりこれは、完全にガセネタと言えます。徳重聡さんの体には、タトゥーはありません。しかし、どこからこのような噂が発生したのかと言いますと、これには次のようなことがあるようです。

徳重聡さんがデビューのきっかけとなったのは、2000年8月に行われた21世紀の石原裕次郎を探す、新人発掘オーディションです。これでグランプリを獲得したのが徳重聡さんという周知の事実がありますが、実はこれが繰り上げ当選だったという噂があります。

つまり、徳重聡さんの前にグランプリ獲得者が存在したという驚愕の事実があったとされています。実はこの繰り上げ当選の背景にどうやらタトゥーが関連しているようなんです。
なんと幻のグランプリ獲得者には、刺青(タトゥー)が入っていたということなんです。

つまり、このような噂などが、錯綜した結果、徳重聡=タトゥーとの結び付きが、出来上がってしまったというのが事実です。

しかし、ネットの世界と言うのは、恐ろしい者ですね。事実とは、全く違うことがキーワードととして残ってしまうわけですから。

事故もタトゥーも、どちらも、とばっちりみたいな感じですね。

【徳重聡は石原裕次郎? 】

徳重聡さんといえば、昭和の大スターとしてお馴染みの「石原裕次郎」さんの石原プロモーションに所属するイケメン俳優ですがデビューのきっかけとなったのは、2000年8月7日に行われた「オロナミンC『1億人の心をつかむ男』新人発掘オーディション~21世紀の石原裕次郎を探せ!~」でグランプリを獲得したことによります。

どことなく男らしい、昭和の雰囲気漂う顔つきで、石原裕次郎さんにも、似ている感じがしますね。やはり、昭和の大スター、石原裕次郎にあやかって、大々的に次の世代のスターを作りあげたいという石原プロモーションの一大プロジェクトでした。

確かにスター「石原裕次郎」の名前を使えばインパクト抜群にはなりますからね。

【徳重聡の奥さんや子供は?】

徳重聡さんの気になるプライベートに迫ってみましょう。徳重聡さんのご家族などは、どうなんでしょうか?

徳重聡さんは、2014年に結婚されていて奥さんがいます。奥さんは高校時代の同級生ということで、なんと、交際20年という長いお付き合いの後、ゴールインしたのです。16歳からの付き合いということで、一途な恋を貫いたことになりますね。

そしてお子さんもいらっしゃいます。お子さんは、結婚されてから1年後に誕生されたようです。お子さんは女の子で3500グラムあったそうです。娘さんをもつ一児のパパなんですね。

[add2]

徳重聡のプロフィール

徳重聡さんのプロフィールをご紹介します。

名前: 徳重 聡(とくしげ さとし)
生年月日: 1978年7月28日(40歳)
出生地: 鹿児島県
身長:187cm
血液型: A型
活動期間: 2000年
配偶者: あり
所属事務所: 石原プロモーション

徳重聡の高校時代

徳重聡さんは、静岡市立高等学校卒業ということです。奥さんも同じ高校出身のようです。徳重聡さんは鹿児島県出身ということですが、静岡県静岡市駿河区へ移住されて静岡の高校に進んだそうです。

ちなみに静岡市立高校の偏差値は63です。部活はサッカー部に所属し、元日本代表MFの
小野伸二選手との対戦経験もあるようです。チームとしは、高校総体静岡県大会で準優勝との高成績を出しているようです。

徳重聡と禁煙

徳重聡さんは、実は自他共に認めるようなヘビースモーカーということです。その量は1日3箱ということなので、60本前後は、吸っていることとなります。所属石原プロモーションからの禁煙指令もだされていますが、それを破ってしまうほどのニコチン中毒なんだとか。

世の中の喫煙思考と娘さんのためにも、禁煙できるといいんですがね。

[ad2]

徳重聡の筋肉がすごい?】

徳重聡さんって、実は筋肉がすごいとの噂もありますが、実際どうなんでしょう。
見た目的にはスリムなんですが、バッキバキの筋肉画像なんかも見当たりませんしね。
もしかして、見えない部分が筋肉?細マッチョなんでしょうかね?

徳重聡が下町ロケットに出演

この秋の改編によって一斉にスタートした2018年の秋ドラマ、今回もどんな名作や話題作が登場するのか興味津々です。

2018年の話題の秋ドラマとしてTBS系日曜劇場「下町ロケット」に徳重聡さんが出演されます。今回のドラマは、2015年10月に放送された人気ドラマの続編となるシリーズ二作品目となります。

新シリーズとなる追加キャストとして佃製作所の孤高のエンジニア・軽部真樹男を演じるのが徳重聡さんとなります。話題のドラマへの出演ということで、大きな注目を集めています。

原作は池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』です。主人公・佃航平を演じるのはお馴染み阿部寛さん。佃製作所社長佃航平が率いる佃製作所メンバーの新たな挑戦と戦いが描かれます。

このドラマに出演する徳重さんは、次のようなコメントを発しています。

「撮影現場のピリピリとした緊張感は凄まじいものですが、とても楽しい毎日です。熱いメンバーの中で、ひとり冷めている軽部ですが、私自身はとても熱い思いで演じております!」

またこのドラマには同じ石原プロモーション所属のベテラン神田正輝さんも帝国重工の次期社長候補、的場俊一役を演じ初共演を果たすことでも話題を集めています。

徳重聡のタトゥーと事故の真相は? 下町ロケット軽部役で出演!のまとめ

いかがだったでしょうか。様々な噂があがる徳重聡さんの真実がおわかりいただけたでしょうか?しかし、噂というのは本当に怖いものですよね。勝手に独り歩きしてしまいすからねぇ。
今後も活躍が期待される俳優として、ますます注目ですね。

[add2]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする