岩橋玄樹がパニック障害?原因と症状は・・・

現在、ジャニーズ若田No.1の「King&Prince」(キンプリ)のメンバーである岩橋玄樹さんが、パニック障害を告白、原因と症状はどんな病気なのでしょうか?岩橋玄樹がパニック障害?原因と症状は・・・を調べてみました。

[add1]

岩橋玄樹がパニック障害を告白

View this post on Instagram

#岩橋玄樹

岩橋玄樹さん(@iwahashi_genki)がシェアした投稿 –

2018年5月にデビューした、人気グループの「King&Prince」(キンプリ)のメンバーである岩橋玄樹さんが、パニック障害であることを告白されました。

パニック障害という病気とずっと闘ってきて、いつ治るかわからないですが、一生抱えていくものと語っています。

ずっと闘ってきたということは、長い間悩まされてきたのでしょう。病気のことを隠すより、言ったほうが気楽と語られているように、インタビューで公表したことで少し気持ちが楽になったようです。

そして、メンバーの中で神宮寺勇太さんだけが事実を知っていたようで、ドキュメンタリー番組で打ち明けています。神宮寺勇太さんと、つかみ合いの喧嘩をする場面も番組内で見られました。

心の底から信頼できる人が近くにいることは、病気を抱えた岩橋玄樹さんにとってとても心強いことのように思えます。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害ってどんな病気?

パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見られないということです。突然起こる激しい動悸や発汗、息切れ、手足のふるえといった発作を起こし、その為生活に支障が出てくる状態を、精神疾患であるパニック障害と言うのです。

このパニック発作と言われる発作は、10~30分程でおさまりますが、死んでしまうのではないかと思う程不安が強く、またそのうち発作が起きるのではないかという不安が、次の発作を引き起こすという悪循環に陥ってしまうのです。

特に、電車やエレベーターなどの閉じられた空間では逃げ場がないと感じ、不安で外出できなくなるというのです。

治療は、投薬療法と、少しずつ苦手なことに慣れていく心理療法が有効なようです。無理せず自分のペースで病気と向かい合うことが大切なので、周囲もゆっくりと見守りたいものです。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害の症状は?

パニック障害の症状はパニック発作です。
・激しい動悸
・発汗
・脈拍が異常に多くなる
・ふるえ
・息苦しさ
・胸部の不快感
・めまい
などの症状が突然現れますが、患者さんによっては症状が違ったりします。このような体の異常と、強い不安感に襲われる病気です。

パニック発作を繰り返していると、また強い発作が起きるのではないかという不安に襲われるのです。このまま死んでしまうのではないかといった不安感まで募らせてしまいます。

診察しても身体に異常は見られず、医師からは「気のせい」と言われてしまうこともあるようで、精神的なものから引き起こされるようです。発作がまた発作を呼ぶ怖さは、病気になった本人にしか理解しがたいものかもしれません。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害の原因は?

パニック障害の原因は、遺伝子要因と環境的要因があるようです。パニック障害に陥っていまう原因として、幼少期に孤独感を感じたり、虐待を受けた、強いストレスやプレッシャーを感じたことが考えられます。

また他にも、家族に不安障害を抱えていた人がいる(いた)、死別体験、15歳以前の離別体験をしている人がなりやすいと言われています。

強いストレスを感じたり、繊細で神経質、こだわりや不安が強いなどの性格も原因で、そのような人は病気になりやすい傾向があるようです。

つまり、心の発育期に過度なストレスを受けたことでパニック障害になることが多いのです。

岩橋玄樹さんは、小学生から中学生にかけていじめに遭っていたことを告白されています。 メンバーの神宮寺勇太さんには何でも話していたようです。

感受性が強く、純粋な面もある岩橋玄樹さんですから、いじめに遭っていたことはものすごく心に突き刺さるものがあったのではと思います。

[add2]

岩橋玄樹の復帰はいつになる?

View this post on Instagram

#岩橋玄樹 #kingandprince #ジャニーズJr #ジャニーズ事務所 #ジャニーズ #関西ジャニーズjr

岩橋玄樹さん(@iwahashi_genki)がシェアした投稿 –

突然の発作、動悸発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいなどを繰り返すパニック障害。このパニック障害が完全に治ったと言えるまでには、かなり個人差があるようです。

そしてすぐに復帰するというのは難しい病気で、治療開始から3~5年はかかると考えられます。薬物治療を続けていれば、パニック発作もなくなり、外出も可能になりますが、やはりご自身の心のケアが必要になってきます。

根気強く治療に取り組む姿勢が大事なようですが、いつ完全に復帰するのか、はっきりとはわからないのが正直なところです。

ですが、生放送のテレビ出演やライブ活動もされていますので、現在は比較的安定しているのではないでしょうか。理解あるメンバーに支えてもらいながら、くれぐれも無理せずマイペースで進んでいってほしいです。

そして、元気にご活躍する姿がいつまでも続くことを望んでいます。

[add2]

岩橋玄樹の現在の病状は?

キンプリの岩橋玄樹さんが、テレビ番組で、パニック障害であることを告白しました。症状は精神的なものがほとんどで、かなり深刻な病のようです。

キンプリと言えば、今年メジャーデビューしたばかりの人気アイドルグループで、今とても忙しい毎日を過ごされていることと思います。

ですので、現在の病状が心配されるところです。発作がしょっちゅう出るようなら、ライブ活動や生放送のテレビ出演も無理だと思われますので、今はそこまで病状が重くないのでしょう。

現在はほぼ回復した状態のようです。ですが、パニック障害は何かがきっかけとなり症状がぶり返してしまうこともあります。

ご本人もいつ起こるかわからないという不安と、常に隣り合わせでいることでしょう。病気とうまく付き合いながら、活躍されていく姿を見ていきたいと思います。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害と不安障害の違いは?

岩橋玄樹さんが患っているパニック障害という病気は、不安障害の一つになります。不安障害にはパニック障害の他に、恐怖症や強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)などがあります。

厚生労働省の調査によると、不安障害の発症有病率は9.2%でした。わかりやすく言うと、100人中9人か10人は不安障害を抱えていることになります。

不安障害を抱える人達は、心の発育期に過度なストレスを受けた経験があることがあげられます。心の病は、本人しかなかなかわからないものです。

だからこそ、周囲のサポートがとても大切になってくるのではないでしょうか。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害の対処法は?

パニック障害の治療は、薬によるものと精神療法的アプローチがあります。薬による治療の目的は、「パニック発作を起きなくさせる」ことです。

パニック障害は薬物療法が効果を発揮しやすいと言われています。ですので薬に頼らず治すというのは、あまり良い方法ではありません。

そして精神療法の併用も重要になってきます。特に、認知行動療法という治療法は、薬と同じくらい治療効果があるようです。薬の効果が見られ、発作が起きなくなってきたら、苦手だったことに少しずつ挑戦するのも治療の一つです。

ですが、無理は禁物です。少しずつゆっくりと前進して治していくことが大切になってきます。

[add2]

岩橋玄樹のパニック障害、他にも芸能人が・・・

パニック障害を抱えながら芸能活動している岩橋玄樹さんですが、同じ芸能人の中でもパニック障害になったことのある人は多くいらっしゃいます。

同じジャニーズ事務所の堂本剛さん、吉本興業の岡村隆史さん、中川家の中川剛さんがパニック障害となり、お仕事を休まれました。

数ヶ月で治る人もいれば数年かかる人もいますが、皆さん復帰されています。今いる現状から一歩距離を置き、自分の心と向き合うことはパニック障害を治すのにとても有効です。

そうすることで、その後の自分の人生を充実したものにしてくれるのです。自分のことより相手のことを思いやるような優しい人がパニック障害になりやすいとも言われています。

繊細な方が多いのかもしれません。

[add2]

岩橋玄樹がパニック障害?原因と症状は・・・のまとめ

岩橋玄樹さんといえば、2018年5月にデビューしたアイドルグループ「キンプリ」のメンバーの一人です。そんな岩橋玄樹さんが、パニック障害であることを告白しました。

パニック障害とは不安障害の一つで、パニック発作を繰り返します。激しい動悸や発汗、息切れ、手足のふるえ、胸部の不快感、めまいなどが起き、強い不安感に包まれます。

そして再びこのような発作が起きるのではないかという不安感が、また次の発作を起こすという、悪循環なものです。原因は、遺伝的要因と環境的要因が関係していると言われています。

幼少期に孤独感を感じたり、虐待を受けた、強いストレスやプレッシャーを感じた人がなりやすいようです。岩橋玄樹さんは、小学校から中学校にかけていじめに遭っていたことを語っています。それが原因なのでしょうか。

現在は、ライブ活動や生放送のテレビにも出演されているので、ほぼ回復したのでしょう。 ですが、パニック障害は、何かがきっかけでぶり返すこともある為、決して無理せず病気と上手く付き合いながら、活躍されることを祈っています。

[add2]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする