吉田栄作さんの現在は?2018年の今もかっこいい!

今では死語となるトレンディドラマが流行ってた時代、引っ張りだこの俳優が吉田栄作さんです。2018年現在、どうされているのでしょうか?変わらず今もかっこいいのでしょうか?吉田栄作さんの現在は?2018年の今もかっこいい!について調べてみました。

[add1]

今回は吉田栄作さんについて記載します。

吉田栄作さん、つい15年ほど前まではドラマに引っ張りだこ。CDも発売する等、活発的な活動をしておられました。でも、現在は昔ほど活発な芸能活動をしておられないように感じます。

そこで、今回は現在の吉田栄作さんの様子を書くとともに、昔のことも書きたいと思います。

[ad1]

吉田栄作さんのプロフィール

ファンの方はご存知でしょうけれど、一応基本的プロフィールを記載します。
生年月日 : 1969年1月3日
出身地  : 神奈川県
血液型  : A型
歌手活動 : 1989年音楽活動開始、紅白に2回出場、
デビューのきっかけ : 1988年ナイスガイコンテストグランプリ。
デビュー作 : 映画「ガラスの中の少女」
代表作  : ドラマ「もう誰も愛さない」、等、多数。
休業宣言 : 1995年 芸能界を休業、アメリカへ。
復  帰 : 1998年芸能界復帰
結  婚 : 1995年 元モデルの平子理沙さんと結婚。2015年離婚

以上が基本的なプロフィールとなります。

吉田栄作さんが、若い頃に役者として活躍していたタレントさんとしては、加勢大周さん(麻薬取締で逮捕、引退)、織田裕二さんなどです。

テレビドラマ全盛期、彼らイケメン俳優さんを見ない日は無いというほど、物凄く人気がありました。

しかし、吉田栄作さんは1995年、芸能活動休止。この理由も色々と騒がれました。干されたなどという話もありますが、根拠はありません。

私自身の私見ですが・・・恐らく、芸能界にちょっと疲れちゃったんじゃないだろうかと思うのです。理由は、当時のマスコミたたき(吉田栄作さんは生意気だ)等にうんざりしたのではないかな・・・と。

そして売れている彼がいて、彼の人気にすがって生活できるスタッフがいるという芸能界の餌食になりつつあることに気付いたのかもしれません。

芸能人が売れているおかげで、その芸能人便りで生活をするスタッフ等は、そのタレントさんの人気が落ちてくると、他の芸能人に馬を変えなくては生活出来ません。その辺に疑問を感じたのではないでしょうか。

上記は私の感じることですが、実際言える事は「ちょっと休憩したい」と彼が自ら発した言葉自体が、芸能界休業の理由そのものだと思います。

[add2]

吉田栄作さんの彼女は?

噂ですけどね、一応記載しておきます。結婚していましたが、上記プロフィールに記載したように、2015年、離婚されています。その原因が「加賀美セイラさんとの不倫」という説が「噂」として持ち上がっています。

ま、加賀美セイラさんが誰であろうと、恋愛は自由ですし、自然なことですからね、吉田栄作さんの幸せを静かに願いたいですよね。

ちなみに、加賀美セイラさんとの出会いは、2007年頃らしく、ツイッター等にもツーショット画面が投稿されています。これだけで加賀美セイラさんが彼女だと決めつけたくはありません。友達だからこそ、気軽に投稿出来たかもしれません。

実際の所、加賀美セイラさんとの恋愛に関しては、吉田栄作さんは否定してます。私はそれが事実だと思います。理由ですか?彼がそう言っているからです。

[add2]

吉田栄作さんの現在の仕事は?

芸能界復帰後は、昔のように、国民メディアであるドラマ等に出演されるのではなく、舞台中心にお仕事をしておられます。

2018年3月、テレビドラマ「未解決の女」で地味な役をしましたが、結構、これが一定の場所では話題になっています。昔はイケメン主役王道まっしぐらの超人気俳優、復帰後はこのような役をされたということは、逆に言えば、お仕事を選ばず、役者魂!で活躍していると言う立派な証だと思います。

プライドの高い俳優さんなどは、王道以外の仕事はキャンセルしますから。最近の「お騒がせ王道歌手」で問題になった沢田研二さんは、客席にお客さんが満員でないことに疑問を感じ、ライブ当日、公演直前にコンサートをドタキャンしましたから。

沢田研二さんいわく「僕にもプライドがある。満員でない会場でコンサートは出来ない」というコメントを残して、4000人ほどのファンが実際、コンサート会場に来たのに、会場が満員でないという理由でコンサートを中止しました。

しかしこれは悪い意味ではなく、沢田研二さんの「お考え、演出」も想定しての中止と私は考えています。かなり話がそれましたが、吉田栄作さん、役柄にこだわらずに、地道に活動をしておられます。

もしかしたら、今後、テレビで彼の姿を見ることも出来るかもしれませんね。ちなみに、ライブ活動も再開されています。きっと、吉田栄作さんは歌が好きだったのかもしれません。1990年前後、「売れたら必ずCDを出す」というお約束があったのですが、彼の場合、そうではなく、自分の意思で歌を歌っていたのかもしれません。

[add2]

吉田栄作さんの現在もかっこいい

今でもイケメンです。ググればいくらでも吉田栄作さんの現在のお顔を拝見することができます。しかし、十年以上彼の顔を見てない人間にとっては、昔と違って見えるでしょう。そういうのを、アンチは「劣化」と言いますが・・・年を取らない人間なんていないですよね。

ですから吉田栄作さんの50歳前のお顔も当然50歳前の吉田栄作さんになって当然です。しかも、イケメンおじさんっ!。

[add2]

吉田栄作さんと内山理名さんの熱愛、きっかけは?


内山里奈さんとの出会いのきっかけは、2017年11月、TBSで放送された吉田栄作さん主演の「今野敏サスペンス確証~警視庁捜査三課」だと言われています。

2018年一月には二人で食事をしている所を目撃されました。そして2018年4月に交際が始まったそうです。

「関係者」が手を握り合っている場面を目撃したそうです。芸能人の報道で、よく使われる「関係者」という言葉を使っての報道ですので、信ぴょう性には欠けますが・・・。

[add2]

吉田栄作さんと平子理沙さんの離婚の真相

2017年7月15日、吉田栄作さんはメレンゲの気持ちで離婚について語っています。離婚に対しては苦になっていないと発言されています。

また、元妻の平子理沙さんも、特にオーバーな発言はされていません。そして、今でも仲良くお付き合いはあるそうです。言ってしまえば、「結婚生活」は無理だったけど「プライベート」でお付き合いするのは楽しいというやつですかね。

例えばさんまさんと大竹しのぶさんのような関係でしょうか。離婚後も何だかお互いハッピーにお付き合いしている。そんな感じなのかもしれません。

結婚となると、結構大変ですよね。他人同士が同じ屋根の下で「生活」する訳ですから。で、そういう環境では一緒にいられなかったけれど、言ってみれば「恋愛時代」は楽しかった、だから、時間をそこに戻してお互い楽しく年を重ねて行きましょうみたいな感覚は解らなくもないですよね。

離婚に関しては、それぞれの気持ちの問題ですから、そっとしておいてあげたいです。

[add2]

吉田栄作さんの不倫相手

「女性セブン」で加賀美セイラさんとのツーショット写真を撮られただけです。これを「不倫」とか「恋愛」と勝手に決めつけたくはないです。

誰で異性の友達っているんじゃないかな・・・。そう思います。勿論「不倫!」と書けば、読む人は読むでしょうし、読んだからには人に言いたくなります。芸能人でもない、一般の素人が勝手に思い込むのも何だかちょっとおかしいように思います。

ですので、ここでは、「不倫という噂があったけど、信ぴょう性は全くない」と書いておきたいと思います。

[add2]

吉田栄作さんは独身貴族

独身貴族でお友達とも遊んで・・・それが合う人もいるんですよ。そういう生活環境の中、自由に生きる。仕事も相手の事等を考えたりせず、仕事にも打ち込めますから。吉田栄作さん、そういうタイプの人なのかもしれません。

自然人なんでしょうね。そしてそれこそが、本当の彼なんだと思います。

[add2]

吉田栄作さんのマネーの虎

「マネーの虎」と言う意味には、自分のやりたいことを大企業家の前でプレゼンして、「マネーの虎」と呼ばれる大物起業家が、自腹で資金をその人に調達するという番組のことです。。要は、「虎」とは、大企業家を指します。

この番組は、大きなビジネスプランを持った人間が社長の前でそのビジネスプランを提案するというものです。大企業家がが自分の気に入った案件な雇い、気に入らないと罵声を浴びせる・・・というドラマです。ドキュメンタリーとして放送されました。それに吉田栄作さんは、レギュラー出演されてました。

吉田栄作さんの現金収入は、果たして、この「マネーの虎」が影響を与えているのかどうか。しかし、特にそういう行動はとっておられないようです。吉田栄作さんの現在の収入は未確認です。

今は、独身貴族となり、あまり陽の目を見ない仕事もしておられます。

[add2]

吉田栄作さんの現在は?2018年の今もかっこいい!のまとめ

今回は「え?消えちゃった?」と一部で言われている吉田栄作さんについて記載しました。
まとめとして、彼は今、自分のやりたい仕事、更に情熱を注月仕事をしていると言えるでしょう。演技にライブ・・・。そして元妻の平子理沙さんとも、お友達としてお互いエンジョイしている様子。

彼が幸せなら、人生を謳歌できるなら、今後も彼の生き方を否定せずに応援して行きたいです。

[add2]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする