遠藤憲一が創価学会の勧誘ビデオに出演?牙城会という武闘派に所属の真相!

最近はコミカルな役までこなす、バイプレーヤーの遠藤憲一さんですが、創価学会の勧誘ビデオに出演されているとか?また武闘派の牙城会所属も噂されています。今回は遠藤憲一が創価学会の勧誘ビデオに出演?牙城会という武闘派に所属の真相!について調べてみました。

[add1]

改めてプロフィールや、家族構成、創価学会の勧誘ビデオに出演、更に、カクレンジャーに出演されたという噂は本当なのか?また、牙城会という武闘派に所属しているという噂が本当なのか否かについての真相を、ちょくちょく私の感想を交え、ご紹介させていただきます。是非、最後までご覧下さい。

遠藤憲一が創価学会の勧誘ビデオに出演?

多彩な遠藤憲一さんですが、実は、創価学会の会員であるという噂があり、この噂は、出演作品が増え、名脇役と言われるようになってから囁かれました。ですが、根拠の無い話も沢山あったため、デマだと言われがちの芸能人には多い噂です。

ですが、遠藤憲一さんの場合は、創価学会のあるビデオに出演されている証拠があったことから、この噂は本当だということが分かりました。「Tomorrow」という創価学会の勧誘ビデオで、このビデオの中には、遠藤憲一さんが「ゲエーッ!」と叫ばれるシーンがあるそうで、その場面から「エア迫」(雨上がり決死隊の宮迫さんに似ているため)というあだ名が付いたそうです。

勿論、この創価学会に入っているという事実や、ネットで「エア迫」と呼ばれているという事実は、遠藤憲一さん自身は、非公認です。

[add2]

遠藤憲一の家族は?


※画像はCM内での家族で、本当の家族ではありません。

1990年の29歳のときに、元タレントの昌子さんと、4年の交際を経て結婚されました。そんな遠藤憲一さんの奥さんである昌子さんですが、現在はマネージャーとしてスケジュール管理をされているそうで、遠藤憲一さんの仕事を支えられている、1つ年上の、姉さん女房です。

遠藤憲一さんは、46歳の時に独立を決められ、個人事務所を立ち上げたそうですが、これは奥さんの力あってのことだそうです。ですので、奥さんに頭が上がらないと「恐妻家」だと言われています。

そして、お子様についてですが、二人家族で、お子様はおられませんでした。夫婦二人三脚ということです。代わりというのもなんですが、犬を2匹、家族として迎えられていますが、こちらについては下記にて詳しく記載しています。

[add2]

*遠藤憲一がカクレンジャーに出ていた!


※悪役・・・

『忍者戦隊カクレンジャー』という、1994年~1995年に放映されていた、スーパー戦隊シリーズ第18弾の特撮シリーズだそうです。

遠藤憲一さんは、「貴公子ジュニア」役だったそうで、大魔王の実子であり妖怪世界にその人ありと謳われる人物で、バラバラだった妖怪たちをまとめ上げて、カクレンジャーを抹殺するために、強力な妖怪を次々と繰り出すという役柄だったそうです。

この時、オーバーアクションで、時々、奇声を発していたそうですが、何故かオカマ口調で話すという、少し謎な悪役です・・・。また、レギュラー出演ではないため、「特撮出身」とは言えませんが、他にも、特撮作品の出演歴があるそうです。

私は丁度、1995年生まれですので、名脇役で多彩な遠藤憲一さんだと言うのは、存じていますが、こんな役までこなされていた事実には驚きです!多彩中の多彩で、本当に幅広い俳優さんですね。

[add2]

遠藤憲一が牙城会に所属?

さて、創価学会の勧誘ビデオに出演されていたことが事実だということが分かりましたが、創価学会の牙城会に所属(メンバー)されているかどうかは、ハッキリした証拠はありません。

しかし、「牙城会は武闘派ですか?」という質問に対し、「武闘派」を認識したのはたった一回で、実際は、牙城会は武闘派では無いそうです。

正確には、会館警備を任務とする男子部の人材グループだそうです。遠藤憲一さんは、このメンバーの一人だとネットでは上がっていましたが、あくまでもネット情報ですので、証拠などが無いことから、この噂については、事実なのか事実でないのかは、分かりかねますので、どちらが本当なのかはハッキリ言えません。

[add2]

遠藤憲一の歯は?

何故か、遠藤憲一さんを検索すると、自然と「歯」が出てき、歯に関する事が多くありました。調べてみましたが、歯が無いということは無いのですが、歯並びからは、入れ歯、差し歯が多くあることが予測されています。

差し歯などの人口歯です。また、遠藤憲一さんは、喫煙者です。なので、ヤニなどで黄ばむ事もあって、芸能界では「歯が命」という声も多数ありますので、ホワイトニングされたのでは無いかと言われています。

確かに、遠藤憲一さんの歯に目がいった事は多くあったかも・・・と私自身も振り返りつつ、ならば、どうして最後まで綺麗に治療やホワイトニングをしないのか気になり、調べてみました。

すると、こちらも予測ですが、遠藤憲一さんは強面が一つの主な売りでもある為、歯並びを悪くしたり、喫煙者ならではですが、歯を黄色くしたりと、歯の先を鋭く見せることによって、ワイルドに見えるようにと、そのまま歯をいじらずにいるのでは無いかと言われています。ここまで計算されているならば、俳優魂が強いことが伝わりますね。

[add2]

遠藤憲一の中学高校時代

最近の遠藤憲一さんと、高校時代の遠藤憲一さんです。現在、強面を武器、売りの一つにされているのが、とても伝わる写真です・・・

見た目で分かる通り、当時は元ヤンキーだったそうで、高校は、一年生の二学期で辞められていますが、ヤンキーデビューは高校の時だったそうで、中学までは普通だったそうです。

入学された高校が半分ほどヤンキーな生徒がいたそうで、普通にしていたらパシリにされてしまうと思った事が理由で、パシリにされるくらいならヤンキーになってやる!とヤンキーの道へ進んだそうです。

それから、高校を辞めてしまったので、ヤンキーのニートになったそうですが、偶然見かけた、超難関だと言われていた、「劇団無名塾」に勢いで応募されたことから、俳優人生が始まったそうです。

[add2]

遠藤憲一のプロフィール

・名前;遠藤憲一(えんどう けんいち)
・愛称;エンケン
・誕生;1961年6月28日
・年齢;満57歳
・出身;東京都品川区
・職業;俳優、ナレーター、脚本家
・身長;182cm
・体重;70kg
・学歴;中退(高校1年生の2学期まで)

☆受賞歴と作品名と受賞年
・Distance(2002年);第16回高崎国際映画祭助演男優賞
・実録,安藤昇侠道伝 烈火(2002年);第1回日本DVシネマ大賞最優秀助演男優賞
・3作品同時出演↓↓↓
ヤメゴク〜ヤクザやめていただきます〜
Dr.倫太郎
不便な便利屋

第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ザテレビジョン特別賞(2015年春)
・民王(2015年);第1回コンフィデンスアワード,ドラマ賞主演男優賞
・3作品同時受賞↓↓↓
民王(同じ作品でもう1つ受賞)
佐武と市捕物控(BS)
お義父さんと呼ばせて
第53回ギャラクシー賞テレビ部門 個人賞

[add2]

*遠藤憲一は犬が苦手?

正確には、犬が苦手だった。幼少期の頃に犬に噛まれたことから、元々は犬が大の苦手だったそうです。ですが、奥様が犬好きのため、生後三ヶ月のマルチーズ(まめちゃん)を1997年に家族の一員として迎えられたそうです。

そして一年半後(1998年)に、まめちゃんより一歳半下の弟である、エレキも迎えられました。最初は、やはり慣れなかったそうで、世話などに苦戦されていたそうです。

ですが、2005年には女性誌に2匹のまめちゃんとエレキとともに、誌面を飾るなど“愛犬家”として知られるようになりました。この時には、克服していて、真逆の犬が大好きになっていたそうです。

ですが、2014年1月にまめちゃん、2016年2月にエレキが天国へ・・・。愛犬との出会いと別れを経て遠藤憲一さんは、自分自身も、役者としても、影響を受けた部分があったそうで、「テーマが心の中になった。人間は不可思議ないきもので、まだ色んな可能性があるし、喜怒哀楽だけでなく色々なものが眠っているから、役者はまだまだ表現があると思った。

とにかく生き物の命はすごいってことを教えてもらいましたね」と、ある番組で仰られていました。

[add2]

遠藤憲一が創価学会の勧誘ビデオに出演?牙城会という武闘派に所属の真相!のまとめ

ここでおさらいですが、まず、お子様については「息子がいる」という説があるのですが、遠藤憲一さんと元タレントの昌子さん夫婦にはお子様はおられません。

そして、創価学会の勧誘ビデオに出演しているということは、証拠があったことから、事実だということが分かりました。「エア迫」とネットで呼ばれていたりする事実については、本人は非公認ですが、出演は本当でした。

牙城会に所属されているということは、ハッキリとした情報がありませんでしたが、牙城会が武闘派だということは、たった1回、認識された事があるそうですが、武闘派だという事はありません。会館警備を任務とする男子部の人材グループという事が分かりました。

最後に、名脇役と多彩な俳優として大活躍、大人気の遠藤憲一さんですが、いかがだったでしょうか?驚きな役までこなされていましたね。私も、遠藤憲一さんの出られているドラマに映画、よく拝見していて、好きな俳優さんの一人です。

元々は暴力団など強面をいかし、そんな役柄が多かったですが、最近では「優しい」風貌になってきたことから、更に、多彩になられています。まさに、カメレオン俳優ですね。これからも活躍を応援しています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[add2]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする